4州でブラジル人の数千に係合するようにグローバル・ムーブメント「化石燃料の解放」

COP21に対する回答として、その気候変動を語る上では満足のいかないものだが、350.org ブラジルとそのパートナーは「化石燃料の解放」(Break Free)というグローバル活動を計画した。その活動は5月1日から15日の間に行われる予定で、同時に、我々が将来、再生水を使って再利用したいと考えている化石燃料産業に対して様々な国において行われる。 350.orgとCOESUS(Coalização Não Fracking Brasil e pela Sustentabilidade)の様なパートナー団体によって、気候変動問題に取り組むために計画されたものだが、そのキャンペーンは世界中の何百万人という人を動かし、ハイドロカーボン(炭化水素)産業に圧力をかける事を目的とし、政府をも動かし、地中に眠る化石燃料を持続させるべく、再生可能エネルギーへの転換を奨励し、我々の持続可能な未来を創っていく。 「我々は様々な国においてこの一連のイベントを何百人もの専門家やボランティアの人々の協力の元、その土地のコミュニティとともに行っており、地中に眠る化石燃料資源を持続させるべく、我々市民、ブラジル国民にデモンストレーションを行っているのです」と、350.org ブラジル e ラテンアメリカ代表のNicole Fiqueiredo de Oliveiraは言います。 アメリカ、カナダ、スペイン、ドイツ、インドネシア、フィリピン、ナイジェリアなどの国の間では化石燃料の使用停止を進めようとしています。ブラジルでは、4つの地域において、段階的なプログラムが用意されています。以下の地域を参照されたし。Acre州のJuruá谷, Ceará州のPecém熱電プラント, Espírito Santo州のJurong Aracruz造船所 ,それからParaná州のLondrina と Maringá....

“Liberémonos de los Combustibles Fósiles”: una campaña que comprometerá a millones de brasileros en cuatro estados.

Traducción de Natália Lozano Como respuesta directa a los resultados de la COP 21, insuficientes para detener los cambios climáticos, 350.org Brasil y sus aliados...